Search this site
new/old clothes&books

三軒茶屋のセレクトショップTROPEのブログです。
色々な国の古着や雑貨、古書、ZINEなどを扱っています。
営業時間13:00-20:00
定休日:水,木

8/13(月)〜8/16(木)は夏季休暇としてお休みをいただきます。
<< topAzos 個展 「童 と 悪童」 開催中 | TOP | 香港 Neo Nostalgia >>
topAzosインタビュー「寝食を忘れて、夢中になれるもの。」

 

 

 

 

 

 

4年振りの作品展をTROPE店内で開催中の刺繍アーティストtopAzosさん。

展示にあわせてメールにてインタビューさせていただきました。

 

女性ならではの細やかさと男性的な(?)モチーフ選びのかっこよさ、

時々不気味とさえ思える緻密な刺繍の凄みが魅力的な作品を生み出す

彼女のルーツをちょっぴり探ってみました。

 

(インタビュー&文:TROPE竹内)

 

 

 

 

 ーーtopAzosさんの作品はカッコいいのでTROPEではけっこう男性のファンが目立ちます。

作品の題材になっているのもスケートや音楽、オカルト的なものとか、

何となく男性が好きそうなモチーフが多い気がします。

個人的にもスニーカーが好きだったり、オルタナ系の音楽に詳しかったり、

15年以上前に初めてお会いした頃から男の子っぽいカルチャーに精通している方という印象を受けていました。

そういった嗜好やセンスのルーツはどこにありますか?  

 

物心つく頃から、男の子の遊びや おもちゃが好きで、その感覚、思考、好みもそのまま、現在まで至った次第で。    

洋服もメンズのラインが好きだし。男の子になりたかったんですね(笑)

 

 

 

ーーメキシコの文化からの影響も感じられますが、メキシコに興味を持ったきっかけは何ですか?  

 

宗教について、調べてる時に、メキシコの死生観に関していろいろ知って、興味を持ったのがハマったきっかけですね。

あぁ、自由でいいんだ って、救われた気がして(笑)  

 

 

 

ーー今回の個展のテーマ「童と悪童」に込めた思いと展示コンセプトがあれば教えてください。  

 

おかっぱちゃん→幼な子→童。 スケボー→ 悪ガキ →悪童 。

作品を、眺めながら出てきたワードで、決めました(笑)    

元々、かなりの作品が先に出来てたので、タイトルは後からになりました。  

童は  "無邪気な"って言葉がハマる年頃の子って、独特の怖さがあって、

そこが、自分は好きなので、そこだけを表現してみたくて。

きっと、みんなの小さい時もそうだし、今だって周りを見てみるといるよ〜きっと。

悪童は、やんちゃな子たちが、悪戯をしては得意のスケボーで、逃げ回ってみたり、遊んでみたりっていう、

これは自分が、こんな10代過ごしたかったなっていうだけです(笑)    

見せ方は、シンプルにしました。    

 

 

 

ーー topAzosさんにとって刺繍の魅力ってなんですか?

また表現の手法として刺繍を始めた理由は?

 

寝食を忘れて、夢中になれるもの。    

絵を描く限界を感じて、手縫いが好きだったので、針と糸で描けたら、 面白いかもって。

 

 

 

ーーtopAzosさんが刺繍をしてる時の精神状態ってどんな感じですか?

ひたすら作品の事に集中していますか?それとも他の事を考えていたり、無心だったりしますか?  

 

制作中は、無心の時もありますが、冷静な分全く関係ないことを頭では考えてることが多いです。    

あと、悪い思考にならないように、音楽を聴きながらや、2時間ドラマを流しながら、作業してます(笑)  

 

 

 

ーー最後に、最近よく聴いてる音楽を教えてください! 

 

最近は、N.E.R.D. の「NO ONE EVER REALLY DIES」と「Fly or Die」ばかり聴いてます。

理由は大好きなN.E.R.D.が、Fuji Rockに来るというのに、行けない悔しさから‼ 

 

 

 

 

 

topAzos 個展 「童 と 悪童」 Warashi to Akudō

2018年 7月27日(金)〜7月31日(火) 

@TROPE

open13:00-20:00 
定休日:水木

http://blog.trope.jp/?eid=2545

 

 

topAzos

https://www.instagram.com/topazos_13/

topAzos(探し求める)の名で活動中の刺繍人。  

和裁を行なっていた祖母と裁縫の得意な母親の影響で幼い頃から、"手縫い"好き。

絵を描くことも好きで"糸で描けたら面白いだろうな〜"と、制作を始める。  

mexico、スカル、目、宇宙、モンスター、スケボー、動物などを、自分の好きなものを手刺繍で表現。  

すべての色は美しく、組み合わせで無限の広がりをみせ、感覚の「歪さ」「心地よい違和感」などに拘り、

ワッペンやバッジなど小物や、キャンバスを使った1点もののアート作品を制作。  

作品は、Instagramにて随時公開し、下北沢nifunifa、三軒茶屋TROPEなどで取り扱いのほか、

ネット販売やオーダー制作も行う。  

また、不定期に個展の開催。  

 

2011年 5月 第1回 個展「Me llamo topAzos. Mucho gusto!!」

2014年11月 第2回 個展「Los dictados de la emocion!」  

2016年8月 X-girlとのコラボレーションブローチ 販売  

2018年7月27日〜7月31日 第3回 個展 「童 と 悪童」at TROPE 

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 19:22 | イベント | - | - |