Search this site
new/old clothes&books

三軒茶屋のセレクトショップTROPEのブログです。
色々な国の古着や雑貨、古書、ZINEなどを扱っています。
営業時間13:00-20:00
定休日:水,木
ON READING BUNKO 『正義と微笑』太宰治 feat.CHOU YI

 

 

『正義と微笑』太宰治 (ON READING BUNKO feat.CHOU YI)

700yen tax in

 

 

名古屋の本屋さんON READINGが展開するON READING BUNKO。

名作文学の魅力を、アーティストとのコラボレーションによって改めて紹介するというシリーズです。

 

第一弾は、太宰治の短編小説『正義と微笑』をオリジナルアートワークで文庫化。

フィーチャリング・アーティストは、台湾を拠点に活躍中の、

シンプルな線でパラレルな世界を描きだす注目の作家・CHOU YI

 

表紙のアートワークは、小説の世界観をもとに、CHOU YIが描き下ろしたもの。

 

 

 

 

DAZAI × CHOU YI TOTEBAG (ON READING BUNKO)

2.160yen tax in

 

 

本文中の一節「真にカルチベートされた人間になれ!」のメッセージを載せたトートバッグも入荷しています。

 

 

 

 

オンラインショップにも掲載済みです!

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:08 | BOOKS | - | - |
Libertin DUNE No.16

 

Libertin DUNE No.16

2000yen tax in

 

 

Libertin DUNE 最新号入荷しました!

 

今号のテーマは「LOVE」。

特集の半分をフォトグラファーのSandy Kimが責任編集として請負い、おすすめのアーティストを選定。

Supremeのライダーで俳優としても活躍するNakel Smithをモデルに

サンディ・キムが撮り下ろした最新エディトリアルや

サンディを見出した世界的なフォトグラファーRyan Mcginleyのインタビューなど、

今回も見逃せない内容盛りだくさんの永久保存版的一冊です!

 

 

 

主な見どころはこちらをご覧ください。↓      

 

 

ー以下プレスリリースより抜粋ー

 

 

■SANDY KIM×NAKEL SMITH EDITORIAL SHOOTING

 Supremeのスケーターでありモデル、最近では俳優業にまで進出したNAKEL SMITH。

若きアメリカン・ドリームの体現者を親友であ るSandy Kimが二人の現在の活動拠点であるLAで撮り下ろします。

またSandy Kimは最新作品とインタビューを同時掲載。

 

■RYAN McGINLEY

 Sandy Kimを見出した世界的なフォトグラファーの最新作品とインタビュー。

インタビュアーを務めるのはSandy Kim、アーティス ト二人の会話は通常のインタビューより砕けていながらも真剣、

そして二人の親密さが伝わってきます。

 

■MARILYN MINTER

 ビヨンセなどを魅了し、トム・フォードのキャンペーン広告やSupremeのデッキ制作などアートのみならず

幅広いシーンに大きな影 響を与え続けている世界的なコンテンポラリーアーティスト。

Sandy Kimのおすすめアーティストとして作品を掲載。

 

■森山大道

 世界的な評価を受けているフォトグラファー森山大道。10月18日よりペルーの美術館Museo MATEにて開催される個展からの最新作品を掲載。

 

■MOVIE STILLS FROM TOSHIAKI TOYODA FILMS 1998-2018

 『泣き虫しょったんの奇跡』や『ナインソウルズ』などで知られる映画監督・豊田利晃。

監督人生20周年を記念したスチール作品集が 9月に発刊された。

豊田監督の様々な一面が垣間見れるインタビューと豊田映画の珠玉のイメージを掲載。

 

その他のコントリビュート

Jerry Schatzberg、Jerry Hsu、Ariana Papademetropoulos、Greg Ito、have a good time etc.

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 16:14 | BOOKS | - | - |
Makiko Minowa 「ESCAPE」

 

 

Makiko Minowa 「ESCAPE」

2.000yen+tax

☆ポストカード付き/作家サイン入り

 

1st Edition of 1000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋の本屋さんON READINGの出版レーベル「ELVIS PRESS」よりリリースされた、

イラストレーター箕輪麻紀子さんの作品集が入荷しました!

 

ボルボ240、キャデラックエルドラド、日産パオ、ダットサンフェアレディ、トヨタクラウンなど、

名車から大衆車まで、古今東西の車のある風景を描いた作品が収録された一冊。

 

箕輪さんのどこか淡々とした独特のタッチで描かれた車のイラストが新鮮!でなんとも愛らしいです。

 

様々な国や時代の車のある風景は人と車のいくつもの物語を想起させ、

ページをめくれば慌ただしい日常から暫しエスケープできるかもしれません。 

 

 

箕輪 麻紀子 / makiko minowa
イラストレーター
東京都出身、在住
武蔵野美術大学造形学部卒業
イラストレーション青山塾修了
2011年よりhpgrp GALLERY(アッシュ・ぺー・フランス株式会社)キュレーションLUMINE meets ART MeganeZineShop、TokyoArtBookFairなどイベント、グループ展に多数出展。

個展も精力的に開催。広告、書籍、雑誌、ファッションなどの分野で活動中。
http://makikominowa.com 

 

 

 

 

 

 

 

さらにELVIS PRESSからは塩川いづみさんの作品集「(between) YOU & ME」と

塩川さんがアートワークを手掛けたトートBagも入荷しています。

とても素敵なのでぜひ店頭でご覧ください!

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 16:02 | BOOKS | - | - |
階段画帖

 

 

ハダタカヒト「階段画帖」

1.300yen tax in

 

 

 

 

 

 

 

画家のハダタカヒトさんが描いた階段の絵ばかりが淡々と綴られている

「階段画帖」入荷しました。

 

現実と非現実が交錯するような、繊細で独特な作風と階段というモチーフが

絶妙にマッチしていて面白いです!

 

入口に続く階段って、そそられるものがありますよね?

いつかTROPEの階段も描いてもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 16:33 | BOOKS | - | - |
FLANGER 「FLANGER/SO」

 

FLANGER 「FLANGER/SO」

1.200yen+tax

 

 

 

 

 

 

コーネリアスやバッファロードーター、ボノボなどのステージ衣装を手掛け、

バンドIKEBANAのメンバーとして音楽の分野でも活躍するMAKIによる

古着をモチーフにしたアートワーク・プロジェクト「FLANGER」のzine。

 

 写真・編集はアーティストSAIKO OTAKEによるもの。

独自の視点で切り取られた日常の景色と「FLANGER」の作品のクローズアップが交互に並べられ、

まるで2人の感性が呼応し交錯するような刺激に満ちたコラボレーションとなっています。  

 

黒の薄紙にピンクの糸の手縫いで閉じられた袋を破かないと開けられない(!)という

刹那的な仕様のパッケージもかっこいいです。

 

 

8月に幡ヶ谷のcommuneでMAKIさんにお会いしたのをきっかけに

zineをお取り扱いさせていただく事になりました◎

 

オンラインショップにも掲載済みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今月20日から27日まで馬喰町CO-でFLANGERの展示会があります。

先日MAKIさんがフライヤーを持ってご来店くださいました〜

 

日々の生活の中で人や物との出会いを丁寧に積み重ねているMAKIさんが

自由な発想で素材を重ねて制作しているFLANGER。

本当かっこいいのでぜひチェックしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 16:49 | BOOKS | - | - |
graffiti

 

 

 

グラフィティ関連のzine色々。

 

ニューヨーク出身のライターによるThe Old New Yorkや

東京、SF、NYの3都市を拠点とするストリートブランドLegalezeが発行するzineなど

 

 

 

 

 

 

こちらはSFとNYで出会った芸術的なグラフ・トラックの写真を集めたzineのシリーズ。

DIYな雰囲気のシンプルな造本やパトカーのステッカーがおまけに付いてたりする遊び心が好き。

旅先でかっこいいストリートアートを見つけながら散歩しているような気分になれて

ページを捲る度にわくわくさせられます。

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 16:33 | BOOKS | - | - |
CONTEMPORARY SUBURBIUM by Ed & Deanna Templeton

 

 

「CONTEMPORARY SUBURBIUM 」

Ed & Deanna Templeton 

6.800yen+tax

limited edition of 2,000 copies

 

 

スケーターでありアーティスト、フォトグラファーのエド・テンプルトンと、

フォトグラファーのディアナ・テンプルトン夫妻の作品集。

 

カリフォルニア州オレンジ郡の郊外、とりわけロサンゼルスを南下した突端にある海辺の町

ハンティントンビーチでの暮らしを写した両者の黙想的な記録。

 

かつてオレンジの木々や石油掘削地、富裕層の別荘が点在していたこの場所は、今や観光客に人気のビーチとなり、

古いコテージの数々は背の高い3階建てのモダンな家に立て替えられてしまった。

本書は、代々保守的なこの地域の人々や不満を抱いている若者たち、恵まれて(かつあまり恵まれずに)育った面々が、

フェンス、壁、そして果てなく続くトラクトハウジング地区の向こう側から敢えて外へ出て行く様子を捉えている。

同じ場所で大人になっていく過程を描いた2つの相反する短編小説を読むように、

本書は、砂埃まみれで日焼けした今なお情熱的な南カルフォルニアの情景と、

経済成長期であった21世紀初頭の現地の空気感を伝える。

 

(Deanna Templeton によるリリース文より抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私たちはこの場所に生まれ、まるでへりに付着して増殖するフジツボのように

都市がその城壁を越え郊外の方へ攻め寄るまで、都会の影響から逃れて近所の歩道や家の前庭ですくすくと育ち、

そこで与えられたものを最高に活かして生きていた」― エド・テンプルトン  

 

「自分たちが親しみと安心を感じる郊外の住宅地にいる、ということに気がついた。

真っ暗で人の気配がしない、似たような形の家が建ち並ぶ団地をぶらつき、

最後には歩道と車道に挟まれた長方形の草地に一緒に横たわり、

日が昇るまで話をしながらじっと星を見上げていた」― ディアナ・テンプルトン

 

 

 

プラスチックのスリップケース入り。

蛇腹の装丁で片側づつそれぞれの作品が収録されています。

小ぶりで可愛らしいサイズ感も魅力的です。

 

 

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 15:41 | BOOKS | - | - |
VALERIE PHILLIPS新刊「WE SMELL LIKE TIME」

 

 

VALERIE PHILLIPS「WE SMELL LIKE TIME」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21世紀ガーリーフォトの旗手ヴァレリー・フィリップスによる最新写真集が入荷しました。

個性的な女の子たちを数多く撮影してきたヴァレリーが本作で被写体として選んだのは

スラッシャーやバンドTを着こなすスケートガールです。

かっこよくてキュートな表情やスタイル、マイウェイを貫く感じにぐっときます。

 

 

2.400yen+tax

500部限定

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:44 | BOOKS | - | - |
Libertin DUNE No.15

 

Libertin DUNE No.15

2000yen tax in

 

 

Libertin DUNE 最新号入荷しました!

 

今号も美しい写真が満載の永久保存版的一冊。

主な見どころはこちらをご覧ください。↓

 

 

 

ー以下プレスリリースより抜粋ー

 

 

 

今回のLibertin DUNEは"HERO and HEROINE"をテーマに、世界の様々なアーティストや作品、ファッションを紹介します。

 

■LOUIS VUITTON FASHION STORY

 1994年にキャノン写真新世紀展でロバート・フランク賞と飯沢耕太郎賞をダブル受賞し、

その後様々な写真集の発表や写真展への出展など、精力的に活動を行って いる大森克己。

その彼が3名の女性モデルをポエティックに撮り下ろすLouis Vuittonのファッションストーリーです。

 

■RICK OWENS×MYKKI BLANCO

 確立された世界観を提示し続けるファッション界の鬼才、Rick Owens。今回は世界的に有名になりつつある

アメリカ人アーティストのMYKKI BLANCOがRick Owensを纏い、肉体的なファッションストーリーを

Yosuke Demukaiが撮り下ろします。

 

■BALENCIAGA FASHION STORY

 被写体には日本を代表する女優である満島ひかりを起用し、若手写真家・奥山由之が撮り下ろすバレンシアガの

ファッションストーリー。ありふれた日常を背景に 今勢いのある人気写真家が人気女優を撮り下ろします。

 

■JONAS MEKAS

 御年95歳、リトアニア生まれの映像作家Jonas Mekas。

ジョン・レノン、ヨーコ・オノ、アンディ・ウォーホルからロバート・フランクなど、メインストリームから

アンダーグラウンドまで親密ながらもお互いに影響し合ったアーティスト同士の交遊の軌跡を綴る彼の最新作品集

『A Dance with Fred Astaire』から作品を掲 載。貴重な最新インタビューと撮り下ろしポートレイトも掲載しています。

 

■SARAH MOON

 1941年フランス生まれ。モデル業のかたわら写真を撮り始め、70年から写真家として活動を開始。

ファッション誌のエディトリアルやブランド広告のほか、コ マーシャル制作、映像なども手掛るSarah Moonの最新写真展から

作品を最新インタビューとともにご紹介します。

 

■NOIR KEI NINOMIYA FASHION STORY

 コムデギャルソン社のデザイナー、二宮啓が2012年に立ち上げた注目のブランドNOIR KEI NINOMIYAを7名の女性が纏います。

カメラマンは弊誌のコントリ ビュータフォトグラファーである鈴木親です。

 

 

その他コントリビュート

Sayo Nagase、TINO RAZO、Naoya Hatakeyama、FACE、Haruto Hoshi、Stephen Jones etc.

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 18:04 | BOOKS | - | - |
Beau Monstre by Emmanuelle Mafille

 

「Beau Monstre」

#1,#2  各3.600yen+tax

 

 

 

パリを拠点に活動するアーティストEmmanuelle Mafille監修の書籍「Beau Monstre」を

お取り扱いさせていただくことになりました。

ムックタイプのアートブックで#1と#2 が入荷しています。

 

全ページ白黒で、エレガントで毒っけのあるEmmanuelleワールド全開の内容。

相変わらず自由でかっこいいです。

紙の質感や本の佇まいも美しく、ぜひ手に取ってその世界観を体感していただきたいです。

 

日本では今のところ当店のみの展開となっています。

オンラインショップにも近日掲載予定なのでまた詳細紹介します!

 

 

 

 

 

 

Emmaちゃんが遊びに来てくれました!

 

私は高校生の頃からEmmaちゃんのファンで、その作品や生き様からたくさんの影響を受けてきたので

彼女が会いに来てくれたことはとても感慨深く、嬉しかったです。

 

センチメンタルな美的感覚、キッチュな遊び心、

インディペンデントであること、変化を厭わないこと、

一つの信念やスタイルに固執するのではなく、様々なニュアンス、パラドックス、細かいことを表現し、見せること。etc...

多感な時期にEmmaちゃんから学んだことは本当にたくさんあります。

 

実際にお会いしたEmmaちゃんは、モデルとして活動してたこともあるというだけあって超美人さん。

人柄もとってもチャーミングで素敵な女性でした〜。

ますます大好きになりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

TROPEの立ち上げ時期に大変お世話になった友人のhigaちゃんも誘って飲みに行きました。

7周年の節目に最高な夜でした...!

 

それにしてもEmmaちゃんと三茶のすずらん通りで一緒にビールを飲む日が来るなんて

高校時代には想像もできませんでした。笑

 

人と人との巡り合わせって面白いなーと強く感じる事が最近多くて幸せです。

 

 

 

 

 

明日4/18(水)、明後日4/19(木)は定休日です。

よろしくお願いいたします。

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:00 | BOOKS | - | - |