Search this site
new/old clothes&books

三軒茶屋のセレクトショップTROPEのブログです。
色々な国の古着や雑貨、古書、ZINEなどを扱っています。
営業時間13:00-20:00 (2015年8月改定)
水曜定休

Valerie Phillips「Goddess Alien Lover」 販売開始

 

 

 

 

 

先日お知らせしたValerie Phillipsの新作ジン「Goddess Alien Lover

本日より販売スタートしました。

オンラインショップにも掲載済みです。

 

今回はなんと、日本大好きなヴァレリーのご厚意によりサイン入りも少部数届いています!

サインと一緒に可愛らしい小さなシールが貼られているのですが、

それらはヴァレリーの妹さんが幼少期に集めていたものだそうです。

 

尚、サイン本は実店舗限定とさせていただきます。

ごく少量ですので早い者勝ちです!

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 20:27 | BOOKS | - | - |
Valerie Phillips「Goddess Alien Lover」 (ご予約受付中)

 

 

 

 

 

 

2/23より開催のLA ART BOOK FAIRにて先行リリースとなるValerie Phillipsの新作ジン『Goddess Alien Lover』。

 

日本国内では来週3/1発売予定です。

ただいまTROPEではご予約を受け付けております。

ご希望のお客様は店頭または下記リンク先お問い合わせフォームよりご連絡ください!

https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01141683

 

 

このジンはValerie自身が十代の頃から多大な影響を受けてきたアーティスト・ジンの世界へと導いてくれた

ニューヨークの書店「Printed Matter」への感謝の意味を込めて制作されたもの。

 

昨年はRizzoli社から初の(自費出版では無い)写真集『ANOTHER GIRL ANOTHER PLANET』を出版し、

さらなる注目を集めましたが、自費出版のジンという彼女の一番得意とするDIYスタイルで作品を発表するのは久しぶりです。

こちらのジンに収められているのは『ANOTHER GIRL ANOTHER PLANET』からのアウトテイク(未収録)作品で、

Sara CummingsやArvida Bystromを始め、CourtneyやAmber、Lacy、Viktoria、Monika、、、といった

歴代の「Valerie Girls」と呼ばれる女の子たちや、SokoやNatalia Vodianovaなどの著名人まで、

数多くの個性的な女の子たちが登場しています。

 

 

2.000yen+TAX

 

32ページ/A5サイズ/フルカラー/マット紙/オフセットプリント

500部限定

国内発売日:2017年3月1日〜

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:36 | BOOKS | - | - |
Yuri Hasegawa

 

 

 

 

 

 

昨日はアーティストの長谷川有里さんが久々にお店に来てくれました!

 

巷で話題沸騰中のぬいぐるみ作品の写真が収められたZINEを3タイトル納品していただきました。

 

どこか見覚えのある?キャラクターや巨匠の名画など、

なんともゆるくて哀愁漂うフェルトのマスコットたちに思わず顔がほころびます。

 

 

 

 

明日2/1(水)は定休日です。

よろしくお願いいたします。

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 18:21 | BOOKS | - | - |
adidas×VICE「EXTRA VICE」配布中

 

 

 

 

adidasとのコラボ版VICE MAGAZINE「EXTRA VICE」が届きました。

本日よりTROPE店頭でも無料配布中です。

 

adidas EQTの新作発売を記念して作られたもので、EQTが誕生した90年代と現代を比較しながら

社会やカルチャーの変化について特集された、VICEならではの濃厚な内容の一冊。

 

90年代にファッションの世界で大きな革命を起こしたドイツ出身の写真家、

ユルゲン・テラーによるカバーのルックもかっこいいです。

 

数に限りがありますのでお早めにどうぞー

 

http://jp.vice.com/

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 18:14 | BOOKS | - | - |
THE EDITORIAL MAGAZINE #16

 

 

THE EDITORIAL MAGAZINE #16

2.500yen+tax

 

 

 

カナダはモントリオールの小さなベッドルームから世界へ発信する

ハイパードープなインディペンデント・マガジン「The Editorial Magazine」。

入荷前からお問い合わせを多数いただいておりました待望の最新号が入荷しました!

 

人気フォトグラファーMonika MogiやRebecca Storm、Maya Fuhlといったお馴染みのコントリビューターたちの

撮りおろし作品や、日本ではまだあまり知られていない気鋭のアーティストやミュージシャンの紹介、

さらにはコミックや星占いまで、ディープでありながらポップで楽しい内容となっています。

 

表紙はパフォーマンスアーティストのAmalia Ulmanの通常版とティーンマガジン風デザインの2種類。

今号もシカゴのアーティストClay Hicksonのポスター付き。

 

オンラインショップにも掲載済みです。

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:44 | BOOKS | - | - |
JUXTAPOZ #191

 

 

JUXTAPOZ #191

1.000yen+tax

 

 

THRASHERの姉妹誌として1994年に創刊されたアート&カルチャー雑誌「JUXTAPOZ」。

Parraのアートワークが表紙のissue191入荷しています!

 

ParraのほかにもFrank StellaやMadsaki、Toro y Moiなどピックアップされています。

 

ビジュアルだけでも充分見応えのある一冊です!

ぜひチェックしてみてください〜。

 

 

 

NAMPEI AKAKI PHOTO EXHIBITION & TROPE CHRISTMAS FAIR 2016
"SNAKEY FREELY X'mas" 開催中

 

フェア詳細はこちらをご覧ください。http://blog.trope.jp/?eid=1956

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 18:52 | BOOKS | - | - |
名越啓介写真集「Familia 保見団地」

 

 

 

 

11月25日にリリースされたVICE Media Japan初の写真集

「Familia 保見団地入荷しております。

 

約3000人のブラジル人が暮らす愛知県豊田市保見団地で、3年間の生活の中で出会った喜怒哀楽を

写真家の名越啓介さんとノンフィクション作家の藤野眞功さんが記録したドキュメンタリー写真集です。

 

社会に翻弄されながらも人間味溢れる生活を送る人々の普遍的なドラマと、

それらを見つめる写真家の眼差しに感動させられます。

 

 

 

 

 

ー以下プレスリリースより抜粋ー

 

保見団地を訪れた名越啓介の住込みは、10代のブラジル人たちと出会い撮影を繰り返すことで始まる。

あるときは、彼らとバーベキューを楽しみ、あるときは、ただただ共に時間を過ごし、

思春期のブラジル人たちの目の前に起こる日々を捉え続けた。

ヒップホップを始める者、スケートボードに興じる者、暴走族の集会や中学校の卒業式、喧嘩の果ての逮捕劇、

出会ったころは18歳だった男の子の成人式、恋愛を経ての出産、そして団地内で行われるクリスマスパーティー。

3年間の生活のなかで、彼らの日常と成長を記録したドキュメンタリー写真、全245枚を 収録――。

そして名越とともに団地に家を借りたノンフィクション作家、藤野眞功が保 見団地の住人、

そして名越啓介との生活を綴ったルポルタージュを寄稿し、全288ページの写真集として完成した。

たびたび訪れる日本の四季のなか、昭和の趣を色濃く感じる団地という舞台で、少し異質にも感じられる住民たちの、

何気ない喜び、そして失われゆく自由への渇望が綴られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:51 | BOOKS | - | - |
ALL-IN ロンT

 

 

NYとLAを拠点に、弱冠23歳のベンジャミン・バロンとアリソン・リットレルによって創刊された

アート&カルチャーマガジン『ALL-IN』のロンTが入荷しました!

 

Bror Augustというデザイナーがキュレーション/ディレクションを行い、

『ALL-IN』に縁のあるアーティストたちとコラボしたシリーズです。

 

TROPEでは2人の女性アーティストのグラフィックをセレクトしました。

 

 

 

 

Chloe Wise

 

NYを拠点に活動するカナダ出身のアーティスト、クロエ・ワイズによるグラフィック。

 

 

 

 

 

India Salvor Menuez

 

こちらはNY生まれのインディア・サルヴァー・メネズによるもの。

MoMAで自らキュレーターを務めた展覧会が話題になったり、

miu miuのキャンペーンビジュアルにモデルとして抜擢されたり、

女優としても活躍しているマルチなアーティストです。

 

 

 

サイズはユニセックスでSとMがあります。

(写真のモデルは身長183cmでM着用。)

 

 

希少なアイテムですのでお見逃しのないようご注意ください!

 

 

 

 

 

 

 

ALL-IN ISSUE 2 も引き続きお取り扱い中です。

 

若く鋭い感性を活かして様々なカルチャーがセンス良く編集されたかっこいい雑誌です。

ぜひロンTとあわせてチェックしてみてください!

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 20:20 | BOOKS | - | - |
Buffalo Zine NO.4

 

Buffalo Zine NO.4 

3.500yen+tax

 

 

毎号テーマに合わせてロゴからフォーマット、デザインまで全てをガラリと変え、

私たちに驚きとインパクトを与え続けているマガジン界の異端児 Buffalo Zine 。

待望の4号目入荷しました!


今号のテーマは「センチメンタル・マテリアリズム(感情的な物質主義)」。

フランスの哲学者ヤン・ダラグリオの説く

『私たちは愛されるために何かを買い、他者とコミュニケーションを取るために物を集める』

というメッセージからインスパイアされたテーマに合わせるべく

まるごと一冊をショッピングカタログに仕立てた「カタログ・イッシュー」。

 偽の広告や架空の通販ページなどを織り交ぜ、ウィットとユーモアあふれる仕上がりになっています。

 

この徹底した遊び心が毎度の事ながら本当に凄いです!

(表紙の種類も全部で7種類あるという凝りよう...!)

 

内容は、アートコレクターとしても有名で奇抜な行動と服装から「パンク・プリンセス」と呼ばれた

ドイツのグロリア伯爵夫人とアーティストのジェフ・クーンズや『VOGUE』の元名物エディターの

アンドレ・レオン・タリーといったそうそうたる顔ぶれとの桁違いラグジュアリー対談や、

オランダのアーティスト/キュレーターのエリック・ケッセルスと自身の全所有物を破壊処分するという

パフォーマンスで話題となったアーティストのマイケル・ランディとの対談、

90年代まだタブーとされていた題材を扱った衝撃的なベネトンの広告を手がけた伝説の写真家

オリビエーロ・トスカーニへのインタビュー、マーティン・パーとハンス・エイケルブームとの写真家対談など。

また、ジュリエット・ビノシュ、イザベル・ユペール、エマニュエル・セニエといったフランスの大女優が

現代の消費社会に生きる女性を演じるファッション・ストーリーも必見です。

 

お金、広告、商品、消費行動、そして愛と欲望について、豪華な顔ぶれのコントリビューターたちが

さまざまな観点から語り、探っています。

 


今号も即SOLD OUTの可能性大なので、お見逃しのないようご注意ください!

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:40 | BOOKS | - | - |
Harmony Korine

 

 

ALL-IN ISSUE 2

 

 

 

 

ハーモニー・コリンが表紙を飾るアート&カルチャーマガジン『ALL-IN』ISSUE 2 好評発売中です!

 

ハーモニーのインタビューページに掲載されているポートレートがいちいち面白くてツボです。

 

若き女優にして活動家のアマンドラ・ステンバーグが表紙のものも少しですがございます。

(中の内容は同じです。)

 

色々見応えのある雑誌なのでぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーモニー・コリン作品特有の痛々しい美しさが本当に好きです。

暴力的な描写が多いし好き嫌いが激しく分かれる気がするので

気軽におすすめ出来なかったりするのがちょっと寂しいです。

 

『MISTER LONELY』は比較的おすすめしやすいというか、

映画として普遍的でキャッチーな要素が散りばめられた名作だと

私は思うのですが、いかがでしょうか?

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 15:38 | BOOKS | - | - |