Search this site
new/old clothes&books

三軒茶屋のセレクトショップTROPEのブログです。
色々な国の古着や雑貨、古書、ZINEなどを扱っています。
営業時間13:00-20:00 (2015年8月改定)
水曜定休

11月24日(金)と27日(月)は都合により店舗の営業をお休みさせていただきます。
オンラインショップは11/24(金)〜27(月)の4日間、発送業務をお休みさせていただきます。
休業中の受注確認メールやお問い合わせの返信など28日(火)以降に順次対応いたします。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。
ダニエル・ジョンストン展 「HI,HOW ARE YOU?」

 

 

 

 

駆け込みで行って来ました。

見応えがあってとても面白かったです!

ポスターも買えて満足◎

 

銀座ヴァニラ画廊で明日22日17時まで。

ダニエル・ジョンストンの作品をこんなにたくさん見れる機会なんてなかなかないと思うので

お時間ある方はぜひ〜

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 18:26 | レポート | - | - |
新しい看板

 

 

 

 

看板がボロくなってついに壊れてしまったので新調しました。

 

いつも通りのDIYですが、今回はペインターのpapico君に手伝っていただき可愛い感じになりました!

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:39 | レポート | - | - |
conejoの展示会

 

 

 

 

 

昨日からご近所の帽子店 uno o dosさんにてconejoの展示会が始まりました。

 

数は少なめですが新作の帽子とても素敵でした!

 

 

 

 

 

昨年に続いてクレイジーパターンのベレーが欲しいです!

タータンチェックが新鮮で素敵です。

どちらの配色も好みなので悩み中です。。。

 

 

帽子はもちろんですが、デザイナーのクロセさんによる手刺繍のアクセサリーも可愛かったです。

足を運ばれた際はぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

お土産にいただいたお菓子もとても可愛いです。

COFFEA EXLIBRIS 太田原さんによる特製!

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 18:04 | レポート | - | - |
Vegetable Corporation

 

従来のフォーマットに縛られない自由なアプローチで

新しい音楽の楽しみ方を提案するレーベルVegetable Recordのお店

「Vegetable Corporation」が今月12日に元浅草にオープンしました。

 

レーベルのコンセプトを体現するように店舗自体をひとつの音楽フォーマットとして捉えた

音楽付きコーヒー豆・ビール専門店です。

 

提携店である福井のCOZY COFFEE、奥多摩のBeer Cafe VERTEREの都内専売店として

美味しいコーヒーとクラフトビールを、音楽と共に楽しむことができます。

 

 

 

 

 

先日レセプションにおじゃましてきました。

 

三上さんイチオシのRed-IPAとても美味しかったです!

(写真を撮る前に殆ど飲んでしまいました。。。)

香りが良くしっかりとした苦味があるのでビール好きの人におすすめ◎

カップに付いているQRコードを読み込むとレーベルの未発表音源などをダウンロードできるそうです。

 

上野駅や新御徒町駅からも近いので上野界隈へお出かけの際はぜひ!

http://www.vegetablerecord.com/

 

 

 

撮影:Récolte&Co.

 

 

ちなみにVegetable Recordのトートバッグとカセットテープは現在TROPEでもお取り扱い中です。

ぜひ店頭でチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:41 | レポート | - | - |
PATERSON

 

 

 

 

ジム・ジャームッシュ監督の『パターソン』を鑑賞。

 

わかってるつもりでも時々忘れてしまう大切なことを思い起こさせてくれる最高な作品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

習慣や物事に凝り固まってまるで自由を失ってしまったような気分になることがあるのですが、

日常の中にたくさん散らばってる詩的な瞬間に目を向けてみれば本当は同じ日なんて一日もなくて、

白紙のノートはいつでも手元にあるということを心に留めておこうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:23 | レポート | - | - |
Paul's Boutique

 

 

 

 

ニューヨークといえばBeastie Boys!

 

ということでいつか行ってみたいと思っていた場所に行ってみました。

 

 

 

 

 

 

ビースティのセカンド・アルバム『Paul’s Boutique』のジャケット写真が撮影された場所です。

 

Paul’s Boutiqueの跡地は現在飲食店になっていて、店舗の外壁にはトリビュート壁画が。

壁画はブルックリン在住のアーティスト、ダニエル・マストリオンによるものだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

『Paul’s Boutique』の交差点...

 

人通りも車通りも微妙に多めなフツーの道なんですが、なんか感動しました。

 

 

 

 

そんなこともあり最近久々に『Paul’s Boutique』を聴いたらダビーなイントロからしてかっこよくて

やっぱり名盤だな〜と思いました。

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 18:53 | レポート | - | - |
Rei Kawakubo / Comme des Garçons: Art of the In-Between

 

 

 

 

ニューヨークではメトロポリタン美術館で開催中のコムデギャルソン展を見ました。

 

川久保玲自身が美術館と共同でデザインしたという展覧会場の構成からしてとてもかっこよかった!

 

1980年代のものから最近発表されたばかりのコレクションまで

約140点の作品がミニマルアートみたいな空間に展示されていて、

会場の壁には展示物の説明はなく、それぞれに「不在/存在」、「ファッション/アンチ・ファッション」、

「過去/現在」、「美/グロテスク」など相反するテーマが添えられその間の曖昧さと、

川久保玲がその境界線をいかに打破していったのかを追求するような内容になっているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「常識」とされていることを当たり前には思えなかったり、

物事を分かりやすくカテゴライズすることに違和感があったり、

そういう感覚を他人に伝わるように表現するのってすごく難しい。

だからこそ既存の概念を覆し続ける人にとても憧れます。

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:21 | レポート | - | - |
ニューヨークの地下鉄で

 

 

 

 

 

たまたま乗った電車の空いてる席に座って、ふと前を見たらレイモンド・ペティボンの展示の広告が!

 

心の中で小躍りしながら詳細を調べてみたら、たしかにニューミュージアムで開催されてはいたのですが

4月上旬に終了してました。。。

 

がっかりしたけどポスターだけでも拝めた偶然の巡り合わせと、

会期終了後3ヶ月以上経っているのに貼りっ放しという適当さが面白いのでまあいいか、となりました。

 

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 19:53 | レポート | - | - |
Photo exhibition "hill"

 

 

 

 

 

先週に続き今週もみどり荘に行ってきました。

 

3階のギャラリーで現在開催中の、東京を拠点に活動する次世代の写真家3人のグループ展を見ました。

 

参加している写真家はみんな90年代後期生まれのティーンエイジャー。

3人それぞれの美学と、瑞々しい空気感が感じられる良い展示でおすすめです!

 

「美しい瞬間を残したい」「表現したい」というような純度の高い衝動に触れた気がして、シンプルに感動しました。

 

 

 

Photo exhibition "hill" 

7月18 日(火) ~ 7月25日(火) 13:00~21:00

 

みどり荘 Gallery midori.so

目黒区青葉台3-3-11 3階

http://midori.so

 

 

 

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 17:02 | レポート | - | - |
バリー・マッギー+クレア・ロハス「BIG SKY LITTLE MOON」展

 

 

 

 

サンフランシスコ繋がりで展覧会レポ連投です。

 

ワタリウム美術館で開催中(〜10/15まで)のバリー・マッギーの展覧会にも行ってきました。

 

一つ一つ味わい深い作品たちが遊び心たっぷりに配置されていて、

自由を求めるエネルギーが会場全体に充満しているのを感じました。

(とくに吹き抜けの展示空間は感動的でした!)

 

バリー・マッギーの作品はもちろん最高ですが、パートナーのクレア・ロハスの抽象的な作品たちも

繊細な雰囲気で温かみがあってとても素敵です。

 

それとオンサンデーズの地下フロアで展開されている関連グッズコーナーのインスタレーションも

かっこよかったので、展示を観に行かれる方はそちらもお見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

 

 

クレア・ロハス(ペギー・ハニーウェル)がやってる音楽も素敵です。

 

 

昨日は良いものをたくさん見て刺激を受け過ぎたせいか興奮して全然眠れませんでした。。。

 

 

 

 


 online shop はこちらからどうぞ

posted by TROPE (トロープ) | 21:06 | レポート | - | - |